みつえ歯科医院|鹿島田駅近く(川崎市幸区)の歯医者さん|一般・小児・矯正・ホワイトニング等

歯周病治療

医院について
歯周病は生活習慣病のひとつで、特に30代後半から進行しやすくなります。初期では、ブラッシングのみで治りますが、進行が進み歯を支えている骨が溶けてしまうと、なかなかもとの状態には戻りません。ですので早い段階で歯周病を発見し、進行させないようにすることが大切です。
生涯にわたって自分の歯で噛めるよう、大切な歯を守っていきましょう。

歯周病とは?

歯周病は初期では自覚症状がほとんどないので気付いていない方が多いだけで、成人の約80%が歯周病を患っていると言われているのをご存知ですか?

以下の状態は歯周病の症状です。

歯ぐきから血がでる
口臭がする
歯がグラグラする
硬いものを噛むと痛い
口の中がネバネバする
歯茎(歯肉)がムズ痒い
歯が揺れる
歯ぐきが腫れる
歯茎などから膿が出る


歯周病は、歯と歯ぐきの境目や歯根の表面についたプラークの中の歯周病菌が出す毒素で、歯ぐきが腫れ、またその毒素で歯を支えている顎の骨がとかされていくとても怖い病気です。
また一般的に、歯周病はとても気付きにくい病気と言われています。毎日歯を磨いていても、いつの間にか歯周病になってしまう可能性が、非常に高いということなのです。そのため、痛みや違和感が感じられた時には、すでに重度になっている場合が多いのです。 

それに加え、進行が進み歯が溶かされてしまった歯槽骨を元通りにすることは現在の最先端技術を用いたとしても非常に難しく、ある程度以上進行してしまった歯周病に対しては、成すすべがないというのが今の歯科医療の現実です。

ですから、歯周病に関しては予防がとても大切になってくるのです。一緒に日々のメンテナンス、しっかりとしたプラークコントロールを行い予防していきましょう。

プラークコントロール

プラークコントロールとは、歯周病の直接の原因である歯垢(プラーク)の増殖を抑えることに重点を置き、プラークを減らす方向へ、コントロールするという広い意味を持っています。
歯垢(プラーク)は食事するたびに歯に付着しますので、毎日、または毎食後、自分で歯磨き・歯間ブラシ・デンタルフロスなどで丁寧に、そして確実に除去することでプラークコントロールする事が大切です。

また『歯磨き=プラークコントロール』と思っている方も多いかもしれませんが、歯磨きだけでは完璧なプラークコントロールはとはいえません。歯磨きはあくまでプラークコントロールのための1項目です。
歯を磨くこと以外にもプラークコントロールには、次のようなことも含まれています。

 

不規則な食事回数や間食などは、歯の表面が虫歯菌によって溶けやすく、プラークが付着しやすい環境を作ってしまいます。規則正しい食生活はプラークコントロールの1つです。

 

歯の表面のプラークが繊維質を良くかむことで落とされて減少し、唾液の分泌も促します。

 
 

自分で行うだけがプラークコントロールではありません。当医院では歯石などを取り表面をツルツルな状態にし、プラークが付きにくくさせる治療をおこなっています。

 

虫歯があるとその部分が段差となり、プラークが付きやすくなります。このため虫歯を治療して表面の段差が無くなれば、プラークコントロールに役立ちます。

 

確実にプラークコントロールができているかによって歯周病になるリスクが決まるといっても過言ではありません。プラークコントロールする事によって歯周病をある程度予防する事が可能です。歯周病治療を行っていくうえでもプラークコントロールは欠かせないのです!

診療科目
スタッフブログ
携帯サイト
診療時間