みつえ歯科医院|鹿島田駅近く(川崎市幸区)の歯医者さん|一般・小児・矯正・ホワイトニング等

一般歯科

医院について
私たちは、患者様に歯の大切さを理解していただき、なるべく歯ぐきの状態を改善した上で、虫歯の治療をさせていただきたいと考えます。
さらに治療だけでなく、どうして虫歯になってしまったのか、原因をあなたと一緒に考え、虫歯の根源から予防しご自身の歯をできるだけ長く多く残していけるようサポートいたします。
また、歯の切削を最小限におさえ、歯への負担を極力少なくした治療を心がけています。
 

なぜ虫歯になるの?

食事をすると、お口の中の虫歯菌(ミュータンス菌)が、糖をエサにしてグルカンをつくります。グルカンは、歯に虫歯菌を強くくっつけます。このグルカンによって歯に粘着した細菌の塊がプラーク(歯垢)です。
さらに、歯の表面に粘着したプラーク(歯垢)は、酸を放出します。放出された酸が「エナメル質」内部に浸透して歯を溶かし、硬い歯がまるでお豆腐のように柔らかくなります。この歯が柔らかくなった部分を一般的に「虫歯」と呼ぶのです。そこに虫歯菌が侵入して、放っておくとさらに内部へ広がっていきます。これが、虫歯ができて、深く進行していくメカニズムです。

虫歯は、簡単に言ってしまえば細菌が糖を利用して「酸」を作り、その酸によって歯が溶かされる病気です。虫歯は「どんなに頑張って歯磨きをしても出来てしまうもの」ではなく、しっかりと予防すれば、「確実に予防ができる病気」でもあります。



虫歯になりやすい所

一番虫歯になりやすい所は奥歯と言われています。
奥歯の役割は、食べたものをすりつぶすためにあり、そのために溝がいくつもあります。溝は食べかすがつきやすく、とてもプラークを作りやすい環境といえます。また奥歯だとハブラシも届きづらく、磨き残しが出てしまうのも奥歯が虫歯になりやすい原因になっています。

またその次に上の前歯も虫歯になりやすいと言えます。
下の前歯の裏側には唾液を分泌する大きな腺があって、何らかの刺激がなくてもいつも唾液が出ています。このため下の前歯には虫歯は少ないのですが、上の前歯は唾液の流れを受けにくくとても虫歯になりやすいので注意が必要です。特に気をつけてに歯磨きすることを心がけましょう。

診療科目
スタッフブログ
携帯サイト
診療時間