将来のお子様のための予防歯科

妊婦さんのためのマタニティ歯科

妊娠中はホルモンバランスの乱れによって口内環境が変化し、つわりの影響で十分に歯磨きを行うことが難しくなりますので、妊婦さんは虫歯や歯周病に非常にかかりやすい状態となっています。お母さんのお口の健康とお腹の赤ちゃんの健康は無関係ではなく、特に妊娠中の歯周病は早産などのリスクを高めると言われています。
お腹の赤ちゃんが無事健康に産まれてくるために、お母さんの口腔管理と生活習慣の指導を目的としたマタニティ歯科を当院では行っています。

マタニティ歯科を受診するタイミングは、赤ちゃんがマイナス1歳の時です。赤ちゃんはお母さんのお腹の中にいる時から成長を始め、妊娠6~7週目あたりには歯の元となる「歯胚」が形成されます。この時期のお母さんの食生活は赤ちゃんの歯の発育や味覚の発達に大きな影響を与え、特にカルシウムなどのミネラル分を含んだ栄養素が不足しているともろく虫歯になりやすい歯になるとされています。
歯科治療と併せて、バランスが良く、必要な栄養素を多く含んだ食事を摂るよう心がけることも重要です。

出産後も健康な歯で過ごすために

産まれたばかりの赤ちゃんには虫歯の原因であるミュータンス菌がおらず、母親または父親から唾液などを通して感染することで虫歯になります。つまり、親御さんのお口が清潔な状態であれば、お子様が虫歯になることはないのです。
お子様が虫歯になりやすいのは1歳半~2歳半と言われ、3歳までにどれだけミュータンス菌が入り込んだかでその後虫歯になりやすいかが決まるとされています。
「出産後に歯がボロボロになった」とおっしゃる方も少なくありません。お子様だけでなく、家族全員で歯科予防・治療に取り組むことが大切なのです。

日常生活に簡単に取り入れられるセルフケア

  • 乳製品や貝類などカルシウムを多く含む食物の摂取
  • キシリトールやフッ素入りのガムを噛む
  • ヘッドが小さい歯ブラシで磨き残しを減らす
  • つわりがひどくて歯を磨けない時はうがいをする

治療を受けるのはいつがいいの?

  • 妊娠初期(妊娠1ヶ月~5ヶ月)

    妊娠初期は不安定で、無理に治療を行うと流産のリスクもあります。よほどの痛みや腫れ、出血のある場合はその歯のみの応急処置程度にとどめ、治療は避けた方が望ましい時期です。
  • 妊娠中期(妊娠5ヶ月~8ヶ月)

    歯科治療に適した安定期では、ほとんどの方が診療を受けることができます。虫歯・歯周病の治療や定期的な口腔ケアを行い、出産前に問題のある歯をきちんと治しておきます。
  • 妊娠後期(妊娠8ヶ月以降)

    お腹が大きくなると、長時間同じ姿勢でいることが辛く体力的にも負担がかかります。陣痛が起こってもおかしくない妊娠後期は、妊娠初期と同様に治療は極力避け、長期にわたって治療が必要な場合は出産後に再開します。

基本的に、マタニティ歯科の治療は安定期(16週目以降)に入ってから始めます。いつでも母体の健康が第一ですので、その時々の体調を考慮しながら適切な治療を行います。
受診の際には患者様とお子様の健康状態をしっかりと把握する必要があります。当日は母子手帳をお持ち下さい。また、麻酔の使用可否や服薬の制限などについて、かかりつけの産婦人科医からの意見書があると円滑に治療を進めやすくなります。

女性ならではの言いにくいこともあるかと思いますが、当院には女性歯科医師が在籍しており、ご相談しやすい環境づくりに力を入れております。妊娠中の女性の不安やお悩みに寄り添った、丁寧な治療をご提供いたします。

マタニティ歯科 Q&A

妊娠中のレントゲン撮影は大丈夫ですか?

歯科ではレントゲン撮影は口元のみですので、お腹にいる赤ちゃんへの影響はないとされています。撮影時は念のため鉛のエプロンをつけてX線を遮断しますのでご安心下さい。

妊娠中に麻酔を使用するのは問題ありませんか?

治療時は必要に応じて局所麻酔を使用しますが、歯科で扱う麻酔量は微量ですので基本的には問題はありません。

治療の途中で具合が悪くならないか心配・・・

マタニティ歯科では、妊婦さんが楽な体勢で治療を受けられるように椅子の角度に配慮し、休憩を挟みながら無理のないペースで治療を進めます。途中で調子が悪いと感じた場合には、遠慮せずにおっしゃっていただければと思います。

妊娠中は薬の服用を避けた方が良いですか?

妊娠中の薬の服用は通常控えるべきですが、中には産婦人科医の観点から安全性が認められている鎮痛剤や抗生物質があります。処方の必要性がある場合、薬の服用が可能なケースがあります。

CONTACT

歯のことなら何でもお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら TEL044-556-4618

初診の方のお約束フォーム